<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

粋なおでん屋さん@神戸

c0174043_7541576.jpg

27年前、初めて神戸に来てからのお友達と14年ぶりに会いました。
私が会社を辞めてからも何回か自宅に遊びに来てくれましたが、
ここの所暫くご無沙汰・・・
年賀状のふとした一言から、嬉しい再会となったのです。
c0174043_7564885.jpg

彼女お薦めのおでん屋さんで、先ずは乾杯のおビール!
「日本酒も好きやねん!」と言う彼女は、同時進行で辛口の冷酒も・・・(笑)
「あ~~、やっぱりいいわ~~その飲みっぷり!」と、私。
時は瞬く間に昔の若かりし日へ、タイムトリップ。
c0174043_804691.jpg

二次会はワインBarへ。
c0174043_811162.jpg

シャイなマスターと彼女の会話も弾み・・・
ぼんやり眺める私は、ほんわか幸せ気分。

次の約束に花が咲いて、夜も静かにふけてゆくのでした・・・
(私が5~6年前から着物道に目覚めた話をしたら、
彼女も眠っている着物があるから、目覚めさせて欲しいとのご希望!
来月は着物の先生として、レッスンであります~~。笑)
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-31 08:05 | 食べ歩き

冬の定番・・・ガトーショコラ

c0174043_1634134.jpg

私のケーキの中で迷わずお薦めがこのガトーショコラです。
もう何回もブログでも紹介しておりますが、一度食べていただいた方なら
他所のガトーショコラと明らかに違うと頷いて下さるはず・・・(笑)
c0174043_1655928.jpg

もう25年も焼き続けているこのショコラは、見た目もすっと立ち上がり
サイドも中心もどこも凹む事無く焼きあがる様に何百回も何千回も工夫をこらし
出来上がった私の大切な配合とテクニックによるものなのです。
(ど素人が偉そうに~~~笑)

壊れない様に頑丈に包装しておりますので、ラッピングを外すときは
どうかホッチキスでお怪我をされません様にご注意ください。
包装を解きますと、やはり表面に触りたくなります(笑)

あらっ?予想外に固いわ・・・と、がっかりされるかもしれません。
しかし、すっとナイフを入れますと、今度は中のやわらかさに
また軽く裏切られる事でしょう。

食して頂くと、周りの皮はさくさく中はしっとりほろりと
お口の中で溶けて行きます。
濃厚なのにしつこくない・・・
これが最大の表現でしょうか?

この時期は特に美味しく感じられるガトーショコラ
2~3月到着分・・・一日限定2台でお焼きしております。
直径15cm2000円 (6~8人分)
20cm3500円(10~12人分)
大きなサイズは小さなサイズの丁度二倍なので、大人数で
頂く場合は断然大きなサイズがお得です。
c0174043_16171487.jpg

今日は発送を済ませ、週末に帰ってくる娘の分のケーキを少しお味見。
お茶は、お友達から頂いた九州の柚子茶です。
(イギリスのほのぼのアンティークカップで)
ほんのり甘い癒しの香。
お色もやさしいオレンジ色。
いつも帰省するとお土産に買って来て下さるお友達に感謝。
c0174043_1620126.jpg

明日は神戸に来て初めて出来た会社時代のお友達と久々の再会!
ガトーショコラを持って逢いにゆきましょう。

どんな話が飛び出すかしら?と、わくわく楽しみな金曜日。
c0174043_16221170.jpg



ガトーショコラについで
人気No2のキャラメルジンジャー
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-28 16:23 | sweets cooking

ココアマーブルのクグロフケーキ

c0174043_93617.jpg

年間通して焼き菓子が好きですが、やはり冬の焼き菓子は焼いた後常温でも
日持ちがする事と、日にちが増せば増すほど美味しくなるのが魅力です。

少し前に作った黒豆ケーキなど、お友達に持って出かけ一個だけ余り
一週間もバッグに忘れ去られておりましたが、恐々食してみました・・・(爆)
(実際は焼いてから10日以上経過していた。良い子は真似しないでくださいね・・・笑)
その美味しさと言ったら、焼きたてよりもずっと感動的なお味でした。

昨日は、アーモンドパウダー入りの基本バターケーキにココアを
入れて、マーブル模様に仕上げました。
ほんのり桜色の和皿に盛り付けやわらかい日差しを感じながら・・・
c0174043_96671.jpg

冷凍庫に常備している自家製餡を温めて、アイスクリームワッシャーで
ほんわりとケーキの横に添えてみました。

生クリームも美味しいけれど、私はこんな素朴な食べ方が好き。
お煎茶を入れて、ほっこりと和みましょう。
たまにちょこんと胡桃が顔を出してくれます。
c0174043_9105045.jpg

残りはほんの数日じっと我慢してからいただきましょう。
きっとしっとり馴染んだ新しいお味に出逢える事でしょう。

今日はケーキのお客さまから、嬉しいお葉書をいただきました。
「どのケーキもシンプルで甘さも控えめで美味しく、
ついつい食べ過ぎてしまいました。
キャラメルジンジャーケーキは、今まで味わったことのない
大人の味で、美味しく頂きました。」(本文からの抜粋)
と言う内容のお葉書です。

その日は、ガトーショコラ、メモリアルケーキ、キャラメルジンジャーと
三種類でしたので、数日かけて焼かせて頂き、
発送もぎりぎりでしたので、撮影もしないで御送りしてしまい
本当に申し訳ないと思いながらも、ケーキの感想をお待ちしておりました。

同じ様なケーキが続いたり、私の体力もなかったりする時は
撮影しないで、そのまま発送に至る事もしばしば・・・
しかし、殆どのお客様から温かいメッセージを頂けるのは、焼き手として
嬉しい限りです。
これからも心を込めて、丁寧なお菓子作りをして行きたいと
改めて、心に刻みました。
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-19 09:12 | sweets cooking

憧れのガレット・デ・ロア

c0174043_8575612.jpg

ずっと憧れていたガレット・デ・ロアをはじめて焼きました。

勿論、フィユタージュのパイ生地も、中身のアーモンドプードルも
お菓子作りには欠かせませんので、別々には何度も作った事は
あるのですが、今まで気に入ったフェーブが、見つからなかった事と
飾りの王冠もなかなか近くでは売っていなかったからなのです。
c0174043_923936.jpg

フランスの公現祭(エピファニー)1月6日を過ぎた頃・・・
なんと、大好きな満月アンティークさんで、今までに見たことのない様な、
素敵なフェーブを発見したのです。

1月6日から遅れること数日・・・満月さんから、美しい月のカレンダーと共に
フェーブが到着しました。

パイの皮は、ミゾリンさんから頂いたパイカッターで綺麗にくり貫き
(本当は、パイを焼く時に、焦げない為に使うものかどうか?
解らないのですが、丁度大きさが24cm。
パイの仕上がりにぴったりだったので、使わせていただきました。)
ミゾリンさん、ありがとう~~~。
c0174043_981314.jpg

さくさくパイの中身は、たっぷりのアーモンドクリームです。
c0174043_992440.jpg

やさしい黄金色が、朝日にきらきら輝きます。
c0174043_9101051.jpg

お気に入りのアンティークのお皿に盛り付けましょう。
c0174043_9104154.jpg

実は実は、初ガレット・デ・ロアは、惨敗・・・(泣)
表面の模様を入れる時、有次さんの包丁の切れ味が良すぎて
強く模様を入れたら、焼き上がりの中央が割れてしまいました。
(酷い言い訳・・・笑)
上面の生地は厚めに・・・
模様の切れ込みは浅めに・・・と、次回の教訓になりました。
c0174043_912573.jpg

とは言え、お味は上々!
さくさくのパイとしっとりほのかな甘みのアーモンドクリームで、
幸せなお茶の時間となりました。

フェーブは、中に焼きこまず、飾りとして使わせていただきました。
元々は、そら豆を入れて焼いたそうなのですが、
最近は陶器の人形などを入れて焼くお菓子です。
切り分けた時にフェーブが当たった人がその日王様か
王女様になれると言うゲームとしても楽しめます。

しかし、誤って誤飲してしまうケースもあり、中に入れずに
飾り用に使う場合が増えている様です。

もう一つ、フランスのロワレ県にある、ピティヴィエのパイも
これに似ていますね。
こちらは、中央から放射状の模様をつけるのが特徴です。

どちらもパイ生地を冷やしながら、丁寧に作業を進め、
パイとアーモンドクリームの間に、隙間が入らないように
焼き上げるのがポイントです。

まだまだ修行は続きます。
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-15 09:23 | sweets cooking

天然酵母のメモリアルケーキ

c0174043_1341534.jpg

ここ数日発送が続いている、天然酵母のお菓子です。
先ず、酵母を起すのに、1~2日。
起した酵母を冷蔵庫で一晩寝かせ・・・

発酵バター、砂糖、お粉、酵母、生クリームで、クッキー生地を
起し、さらに一晩寝かせてから伸ばして、マンケ型に敷き込み、
中にホワイトチョコと、クランベリーを入れて
蓋をして、焼き上げる。
c0174043_1319342.jpg

切り口は、こんな感じです。(過去の画像から・・・)
(発送商品には、飾りは付きません。御了承下さいね。
発送でずれてしまうからなのです。)
その代わりのおまけは、ばっちりーです!

最低4日はかかるとても手間隙のかかるお菓子です。
焼いた後は、お日持ちがしますので、じっくりと少しずつ、
酵母の旨味を楽しんで頂く事が出来ます。
c0174043_13104858.jpg

お客さまそれぞれの思いからメモリアルケーキを選んで下さったのだと
思います。
c0174043_13213221.jpg

どうぞ、思い出深いティータイムとなります様に。

送りするお菓子にはメッセージを添えて、お届けしております。
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-13 13:14 | sweets cooking

搾り出しスイートポテトタルト

c0174043_961748.jpg

注文コーナーをなくしても、こうしてリピーターさんがオーダーを
下さるのが、一番嬉しい事です。
(前回は洋梨のタルトをご注文くださったお客さまからです。)
本日発送はスイートポテトタルト。
ほくほくお芋と、生クリーム、卵のこくをプラスして
クリーミーな仕上がり。
c0174043_982844.jpg

我が家用には、小さなタルト型ですが、お客様への発送は
大きな22cmのタルト型でのお届けになります。
(生地を搾り出す為に、丁寧な裏ごしは必須条件。
半分は荒つぶしで下に敷きこみ、半分は搾り出します。)
c0174043_994838.jpg

冷蔵庫で冷たく冷やしても・・・
レンジでほんの20秒温めて、焼きたての雰囲気で頂くことも可能です。

発送は厳重な注意をしておりますが、後はヤマトさんのお兄さんの腕に
かかっております。
僅かなタルトのかけや、壊れは御了承願います。

さくさくタルトとほっくりお芋のハーモニーをお楽しみ下さいね。
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-08 09:13 | タルト@kiki

初焼き 黒豆のパウンドケーキ

c0174043_13372412.jpg

初焼きは毎年お節の黒豆を使って、リングケーキを焼きます
今年はきんとんを作らなかったので、アーモンドパウダーを
多めに入れてこくを出しました。

しっとりだけど、お口に入れるとアーモンドパウダーの力で
ホロリと崩れ何ともやさしい口当たり。
c0174043_13401260.jpg

明日は、昨年から始めた秘密の習い事の今年初の授業です。(汗)
先生を含め、10人の皆さんにお裾分け。

ほんの一口ずつですが、口福な時間が持てます様に。

そんなこんなで今年はまったりモード・・・
ケーキのご注文ページは特別設けておりませんが、常連さんを含め
新規の皆様もご要望があれば、お答えしております。
CAKE コレクション・・・あるいは、カテゴリ sweet cookingからお選びください。
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-06 13:48 | sweets cooking

迎春・・・2010年 お節

c0174043_94113.jpg

艶々丹波の黒豆で幕開けの2010年。
松に見立てた出汁巻きは、教授のお気に入り。
c0174043_955819.jpg

教授は京都の出身ですが、義父が九州の出なので
お煮しめは、九州風に鶏を入れたがめ煮です。
c0174043_973097.jpg

我が家の定番お節ですが、今年は栗きんとんを外しました。

だって、娘が居ないと私だけしか食べないもん(泣)
c0174043_99742.jpg

柚子釜に、大根のおなます、
ぴりりと鷹の爪を効かせます。
牛蒡の八幡巻きは、ほろりとやわらかい。
c0174043_910284.jpg

大根のかつらむきで作る鮭巻き、
実家の母の十八番を真似して。
山葵醤油で頂きます。
c0174043_9114070.jpg

白味噌のお雑煮は、頭芋、大根、人参、丸餅で。
仕上げに花鰹を、ふわりとちらす。
c0174043_9134571.jpg

味噌松風、鱈のすり身の伊達巻は味醂だけの甘さで
お屠蘇が進みます。
(教授は、練り物が嫌いなので市販の蒲鉾などは、使えません・・・)
数の子、ごまめ、どれも家族の好きなお味

こんな感じで我が家は今年も楽しくぼちぼちやって参ります。
どうぞ、よろしく御願い申し上げます。

皆様にとって、素晴らしい一年となります様にお祈り致します。
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-01 09:17 | お節料理