<   2008年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

神戸kikiのoriginal ケーキコレクション

c0174043_13452860.jpg

無花果とキャラメルのパウンドケーキ
秋にぴったりの大人のキャラメルケーキです。
c0174043_8343832.jpg

濃厚なお味のニューヨークチーズケーキサワークリームと檸檬の酸味が爽やかな一品。

c0174043_8425615.jpg

シフォンケーキ (小豆、オレンジ、バナナetc)
ふわっふわの食感をお楽しみください。
c0174043_1128791.jpg

キャラメルパウンドケーキ
自家製キャラメルと生姜のケーキ。濃厚な味わいが人気です。

c0174043_9321473.jpg


ガトーショコラ

c0174043_1615476.jpg

洋梨タルト
c0174043_15195981.jpg

フルーツケーキ
c0174043_13261031.jpg

メモリアルケーキ(天然酵母のケーキです)
c0174043_13562753.jpg

スペシャルチーズケ-キ
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-30 13:33 | sweets cooking

水炊き・・・独り鍋

c0174043_2003746.jpg

秋の訪れは、いきなり・・・

ぐぐぐっとやってきました。
骨身に沁みます・・・

何せ、あの生意気な娘が旅立った直後ですもん。
(ほんまは、まだ国内に居ます。私の実家に滞在ちゅう~^-^)

初孫だったあのこは、実家でも特別な存在!
「貴女・・・普通の平凡な子を産めば、苦労しなかったのにね・・・」
と、母。
「そうね、私の子(自称芸術家)だし、主人の遺伝子(大天才・・・笑)もあるし、
弁護士(へんこ)のお爺ちゃんや、
モガで男泣かせのおばあちゃんの遺伝子も大幅に反映し・・・、
まあ、しゃあないわ・・・」と、私。
c0174043_2062331.jpg

居ると目障りだけど、居ないと・・・寂しい・・・
(我が儘・・・)

今夜はだあれも帰って来ません。
はふはふ・・・独りでお鍋と行きましょう・・・

まゆみさんのお鍋にとっても惹かれたから。
c0174043_20153797.jpg

今度帰国したら、あのこの好きな韓国鍋でもしてあげよう・・・
なあんて、やっぱりあのこを想ってる。

悔しいけど、可愛い。
どうしようもないけど、捨てがたい(笑)
帰国しても、同居は無理だけど・・・
近くに住んで欲しいなぁ、なんて
やっぱり自分勝手な、母であります。

貴女を想いながら、ちびり、ちびり・・・やってます。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-29 20:14 | 和食

光の中のタルトタタン

c0174043_9224257.jpg

朝のやわらかな日差しの中で、昨夜のタルトを切り分ける。

透明感のある美しいフォルムに、フォークをすっといれて
口に運ぶと、瞬く間にとろけて林檎の果汁が広がる。

ケニアティーをストレートで、濃い目に淹れる。
ふっ・・・と、身体と心が緩む瞬間。

この時を、秋の始まりを・・・風が教えてくれる。
c0174043_9284270.jpg

お気に入りの曲を聴きながら、今日も穏やかな一日であります様に・・・
と、祈ります。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-27 09:40 | タルト@kiki

琥珀の輝き・・・タルトタタン

c0174043_20141771.jpg

飴色にキャラメリゼされたその君は、秋の女王。

オレンジ色の光の中で輝きを放ち、幽かな温かみを含んでいる。
c0174043_20194965.jpg

深い眠りから覚める頃・・・また新たな光を浴びて、
その姿を変える事だろう。
c0174043_20212376.jpg

今はもう少しだけこのままで居させて・・・と、密かに願う。

太陽の様に、君は自由で・・・
月の様に、静かに笑い・・・
虹の様に、逃げていく。

秘密のままが、素敵で・・・
謎が解けないから、魅力的なんだね。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-26 20:28 | タルト@kiki

Brithday Rose

c0174043_6221080.jpg

良人からのバースデープレゼントは、真っ赤な薔薇の花束でした。

いつも照れくさそうに、「おめでとう!」と、渡してくれます。
シャルウィダンスのリチャード・ギアとは、いかないけれど(笑)
何かの記念日には花束を抱えて帰ってくる良人に、子供達は小さい頃から
「お父さん、かっこいい~~!」と、叫んでおりました。

良人は、「普通や~~」と、さらに照れくさそう・・・(笑)
c0174043_6273059.jpg

赤い薔薇はドライフラワーに出来るので、それを知っていて選んでくれるのだと
思います。
c0174043_6285763.jpg

そして娘からは、黄色の薔薇の花束・・・
c0174043_6293834.jpg

「幸せ色で纏めてみたの・・・」と言う、メッセージ付。

「一年間自由に過ごせる嬉しさと今までの感謝を込めて・・・」と、結んでおりました。
c0174043_6324370.jpg

黄色の薔薇をメインに、後はサーモンピンクのカーネーション、霞草
薄い黄色のスプレー薔薇です。
c0174043_635223.jpg

息子??

ええ、金欠だったそうです。
夏のサークル遠征で、お金はゼロ・・・(笑)

またしっかり、バイトして下さいね・・・

「肩、揉ませていただきます・・・」
「ありがとう・・・」(笑)

家族の優しさに包まれて、幸せな時が流れました。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-26 06:39 | 想い

メモリアルケーキ to me

c0174043_16562060.jpg

                 数ヶ月ぶりにお祝いのケーキを焼きました。

             憧れのぞーちかさんのブログで、このケーキを見かけてから
                     わざわざ本まで取り寄せて・・・
                   天然酵母をおこすのに24時間・・・
                     冷蔵庫でまた一日寝かせて・・・

              生地を作ってまた1日から5日冷蔵庫で寝かせて・・・
                    やっとやっと焼ける・・・
                       気長なケーキ
c0174043_16591938.jpg

       でも、焼きあがれば日持ちがするので、長いこと楽しむ事が出来ます。
c0174043_1702223.jpg

              結婚式の引き菓子などにも、使えるそうです。

         うんうん、その通り時間が経てば経つほど美味しくなって行くお菓子です。
                (天然酵母のおかげです。)
c0174043_1713425.jpg

        生地の中にはホワイトチョコとフリーズドライのクランベリーが入っています。

          周りは、さくっとクッキーみたいな生地で、中はほろほろガレットの様な
                    食感です。
c0174043_1735546.jpg

               明日は、私の四十うん回目の誕生日。

       いつもお客様の為に沢山のケーキを焼いている私だけれど、
        自分の誕生日に焼いたのは、始めてかもしれません。(笑)

   これはやっぱり娘が一時帰国中で、どうしても娘に食べて欲しかった為に作った物です。
c0174043_1764297.jpg

       一口頬張った時の、「美味しい~~」の娘の声を聞けば、満足です。

             土曜日にカナダに向けて、また再出発しますので、
                その間、少しずつ楽しんでね・・・

  甘いチョコと、酸味の利いたベリー、シナモンシュガーがリッチなお祝いのケーキでした。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-24 17:15 | sweets cooking

お萩と黄な粉餅

c0174043_116275.jpg

お彼岸と言えば・・・お萩です。
朝の散歩から帰り、早速小豆を焚きました。
c0174043_1173371.jpg

毎年、作る粒餡のお萩と黄な粉餅。

今年の甘味は、デーツシュガー(棗 なつめ)でつけました。
少し前にお友達から頂いたものです。

普通のなつめを潰すより使いやすく、身体に優しいので重宝しています。
c0174043_11111563.jpg

黄な粉餅は、餅米を焚いて半殺し(和菓子用語)・・・・ほんまやで(笑)
(もち米を柔らかめに炊いて、麺棒で半分くらい潰すこと)
に、した物の中に餡を入れて
丸め、周りに黄な粉を塗します。

甘すぎず、ちょうど良い加減です。
c0174043_11134352.jpg

お仏壇にお供えしてから、お茶と共に頂きました。

ほっと、身体も心も緩むティータイムです。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-23 11:23 | 和菓子cooking

水茄子と、牛肉の辛子和え

c0174043_10562289.jpg

水茄子と胡瓜を塩揉むして、しゃぶしゃぶ牛と茗荷の千切りを
煉り辛子、金山寺味噌、醤油で、和える。

大葉の千切りを散らして、召し上がれ。
フルーツの様なフレッシュな口当たりが嬉しい一品。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-23 11:05 | 和食

玄米お稲荷さん

c0174043_20121434.jpg

数日前、ためしてガッテンで美味しいお稲荷さんの作り方を
放送しておりました。

関西のお稲荷さんを食べると、関東の方には物足りない。
関東のお稲荷さんを食べると、関西では甘辛過ぎる・・・

全国何処の方が食べても美味しいお稲荷さんの味を追求した番組でした。
(酢飯の方に砂糖を全く入れず、おあげをかなり甘めに
焚く事により、バランスが取れるのだそうです。)


関東ではお饅頭屋さんに、おやつ感覚でお稲荷さんが並び・・・
関西では、おうどんのお供として、定食についてくる。
何と・・・九州ではラーメンと一緒に食べるのだとか?
(ほんまですか?まんごちゃん?)

関東産まれの私としては、おやつ感覚は普通。
26年前始めて関西に上陸した時は、炭水化物×炭水化物の
組み合わせに、驚きでした!

所変われば、文化もや食べ方も違います。
興味深い企画でした。

さて、番組通り作ってみましたが、
やはり定番の我が家のお味が一番かな?
と、言う意見に落ち着きました。
c0174043_20194042.jpg

皆さんのお宅のお稲荷さんは、どんなお稲荷さんですか?
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-19 20:22 | 和食

とろとろテールシチュー

c0174043_18421063.jpg

昨夜のメインデッシュは、テールシチューでした。

お昼くらいから圧力鍋で煮込んで、さらに圧を抜いてから
とことことことこ数時間・・・

この暑いのに・・・?

午後7時、食いしん坊家族がきっちり集合!
旦那様など、昨日一日シチューの事ばかり考えていたそうです。

何とも平和な家族です(笑)

付け合せは、生オレンジと、ラムレーズン入りのコールスロー。
マッシュポテトのチーズ焼き。
キャンテークラシコ。

デセールは、南瓜のプリンでした。
[PR]
by kiki-246 | 2008-09-18 18:49 | cooking