カテゴリ:食べ歩き( 48 )

神戸UZUさんのパスタランチと安曇野カフェ

c0174043_16445759.jpg

2年ぶりの再会は、京都の若きマドモアゼル。

この7月パリから1年の留学を終えて、帰国したばかり。
c0174043_16461967.jpg

ランチは六甲道のリストランティーノ UZUさんへ。
イタリアの生ハムと、ボンゴレ・・・
穴子とトマトのペンネ。

シェフはシチリアから帰国されて、益々腕に磨きがかかったみたいです。
c0174043_1648397.jpg

デザートは沖縄のパッションフルーツ。

デザートワインは、イタリアでは珍しい、陰干ししたメルローから
造られた、想像を絶する豊かな味わいの物でした。
c0174043_16502226.jpg

すっかりパリジェンヌ?・・・いえ いえ・・・マドモアゼルだけどマダムの風格すら
感じられる彼女と、楽しいお喋りに、時間を忘れる・・・
c0174043_1652725.jpg

こちらのカフェは、暑さを忘れさせてくれる、静かで涼やかな空間です。

秋風が吹く頃・・・今度は京都でお会いしましょうね。
[PR]
by kiki-246 | 2010-07-22 16:58 | 食べ歩き

ペルドマーニとあかちゃ家さん

c0174043_1520491.jpg

ポタリング日記のグルメなozunuさんお薦めのリーズナブルなイタリアンに行ってきました。
なるほど・・・本当に良心的なお値段で美味しいお店でした。

二種の前菜と自家製パン、トマトとモッツァレラの冷製パスタを頂きました。
c0174043_15235085.jpg

おやつの〆は、あかちゃ家さん

ほっこり和める甘味屋さんなのです。
[PR]
by kiki-246 | 2010-07-15 15:25 | 食べ歩き

灘のまさみちゃん

c0174043_18352995.jpg

父方の従兄が仕事で芦屋に来ると言うので、だあさまと三人レアな神戸に
ご案内。

年齢もだあさまと同じなので、昨夜は大きく盛り上がりました。
本当は家に来て貰って、ゆっくり持て成したかったけど、
だあさまがどうしても連れて行きたいと、お連れしたのは、
お昼間は水道筋で「魚政」さんと言うお魚屋さんをしている店主さんが
夕方から、こっそりと開けているとびっきりの小料理屋さん
「まさみちゃん」です。(秘密やで~~~)

先ずは鱧の湯引きに始まり・・・小鰯の煮物、はらこ。
鯛のお造り、ごま鯖のお造り・・・おおとろ・・・
田舎は、関東の内陸でなかなか新鮮なお魚は手に入りにくいので
従兄・・・「鯖が、鯖じゃない!」って、泣いて喜ぶ喜ぶ(笑)
(鯖は鯖っすけど~~笑)
新鮮で美味し過ぎるって、事ね・・・よかよか。
c0174043_18502539.jpg

焼き物は甘鯛の、味噌漬け。
く~~、こんな美味しいのに・・・
わたくし、禁酒生活一週間。(偉っ!)
先週観た映画で、神様が舞い降りてしまったのです。

「えっ?だれがウーロン茶?」と、突っ込む従兄。(泣)
ええ、ええ、やってやりますとも~~~。(何を?)
c0174043_18531573.jpg

穴子、野菜、などなど天ぷらを堪能した後・・・
〆の御寿司がまた絶品。

ねたが良いだけなら、只の魚屋さん。
ほろりとほどけるしゃりは、「今までの御寿司の概念を覆された!」と、
従兄、またまた だあさまと大将の手を握って、男泣き・・・
私は桜の葉っぱで包んだ平目が美味しかったわ~~。
炙りとろは、ぱらりとかけた岩塩で、旨味が凝縮。

あああ、良かったレア~~な神戸を楽しんでもらえたみたい。
生ビール、焼酎、日本酒と、幻のお酒を次々やっつけ、
だあさまと従兄は次は、kikiちゃん抜きで行こう!と盛り上がるのでした・・・
(ウーロン茶で頑張った私って何よ)(笑)
[PR]
by kiki-246 | 2010-07-06 19:00 | 食べ歩き

苦楽園 ポンテ・ミラボー

c0174043_16442782.jpg

苦楽園の緑の中の戸建てイタリアン「ポンテ・ミラボー」に行ってきました。
c0174043_1646150.jpg

以前からドライブで見かけては、気になっていたお店です。

今回はいつもご贔屓にして下さっている芦屋マダムが、
ランチに誘って下さいました。
c0174043_1649541.jpg

色取り々の前菜。ふわっとやわらかいキッシュが美味。
c0174043_16501711.jpg

トマト風味の手打ちパスタ。
濃厚なソースとショートパスタのバランスが抜群。
c0174043_16505649.jpg

ローストビーフは繊細なお味付け。
あっさりとして、いくらでも食べられそうです。
c0174043_1653439.jpg

マダムはお魚のポワレ。
c0174043_16532848.jpg

自家製ハーブを添えたデザート。
カスタードの甘さとフルーツの酸味が素晴らしい。
c0174043_16551782.jpg

芦屋珈琲で、マルコポーロをご馳走になり、幸せなひと時を
過ごしました。
c0174043_16562256.jpg

マダムは世間一般に思い描く派手な芦屋マダムとは一線を引いた、
清楚で落ち着いた雰囲気。
さり気ない心配りにいつも心打たれます。

こんな女性になりたいと憧れる理知的な女性の一人です。
[PR]
by kiki-246 | 2010-06-25 17:00 | 食べ歩き

六甲プチブレ@神戸

c0174043_8561945.jpg

我が街のお気に入りパン屋さんの一つは、、六甲の「プチブレ」さんです。
kiki家の人気を二分する「かて」さんと張り合う、お洒落なパン屋さん。

行くと必ず買うのが、この無花果のデニッシュ!
あっさりした甘さとさくさくパイ生地が絶妙です。
パイは自分でも作りますが、夏場は扱いが難しく・・・
一年通して安定した状態に作れるパン屋さんは、やっぱり流石!と、
感心します。
c0174043_914221.jpg

トマトペーストのピザ風パンは、だあさまの一押し。
c0174043_922895.jpg

天然酵母のプチパンも種類が豊富だけれど、今日は野菜のフォカッチャと、
ブルーチーズのパンを買いました。
食パンは予約が確実です。

朝は散歩でこのパン屋さんの前を通り、酵母のやさしい香りに包まれます。
オープンは8時からなので、曇り空の中を自転車ですいーっと買い物に出掛けました。
六甲は坂道が多いけど、我家からこのパン屋さんは丁度真横移動なので、
助かります。
ずっと頑張って欲しいお店です。
[PR]
by kiki-246 | 2010-06-20 09:09 | 食べ歩き

雨のイタリアンティーノ UZU

c0174043_7505733.jpg

我家のFavouriteイタリアン渦さんの5周年のお知らせを頂いて、
昨年夏に見つけた長野の小布施ワイナリーからワインを取り寄せ
それを抱えて、お祝いに駆けつけました。
今回はお料理に合わせて、全てグラスワインもセレクトされたとおっしゃるので
いつもはボトルで頼む私達ですが、取って置きのセレクトをオーダー。
c0174043_7535518.jpg

先ず一品目は、白アスパラとコンソメのスープ。
ワインはサンタ・マッダレーナ・ピノ・ビアンコ2009
まったりとしたポタージュと、フレッシュな草の香りを感じるワインでコースはスタート。
c0174043_756434.jpg

二品目は、子羊とキノコのパートブリック包み。
ワインは、ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ2007。
ヨーロッパの土の香りと、ベリー、スモークチーズの様な深みを感じるワイン。
お肉とソースの絶妙なバランスに、声を失う。
c0174043_8362158.jpg

パスタは、イカとその墨のラビオリ、大葉風味。
中のイカは驚くほど柔らかで、上品な墨の味付けと
ラビオリの食感は、流石手打ちパスタと、叫びなくなる仕上がり。
c0174043_835689.jpg

ワインはヴェルナッチャ・ディ・セッラペトロ-ナ・セッコ
きんと冷やした赤の発泡酒に、新鮮な感激!
c0174043_885140.jpg

徳島産あわびのステーキ、サルサ・アル・ブッロ
いままでにこんな柔らかな鮑を食した事があっただろうか?と、
思わず顔を見合わせる・・・笑
柚子風味はシェフのお得意!芸術的逸品。
ワインはサンタ・マッダレーナ・シャルドネ・2009
幸せのフルーティーな味わい。
お口直しは、グレープフルーツとシャンパンのグラニータ。
爽やかな一口。
c0174043_820557.jpg

メインは、松風地鶏の炭火焼。
カリカリの皮目に、ふっくらと身のしまったジューシーなお肉と、
甘い甘い玉葱。
ワインは二種セレクト出来て、夫はオルカイオ2005の赤。
タンニンと酸味のバランスに優れ、時間と共に
深みを増す、・・・
私は、シチリアのドンナフガータ・キアランダ2006の白。
琥珀色の複雑な舌触りの白に、うっとり・・・
デザートは、マンゴのミルフィーユ風。
濃厚なマンゴとぱりっとナッティーなパイを満喫。
デザートワインはアスティ・スプマンテ。
甘口発泡酒が、マンゴーとコラボすると辛口のしまった味わいへと変化する。
c0174043_8275497.jpg

食後は珈琲、紅茶、エスプレッソか、ハーブティーと
サラミチョコラート。

夢の様なディナーは、天才シェフの笑顔と、それを支えるソムリエの奥様によって
創作される。
美味しいご馳走をありがとうございました。
これからも素敵なお料理を楽しみに伺います。
改めて、5周年おめでとうございます。
[PR]
by kiki-246 | 2010-06-19 08:33 | 食べ歩き

スペイン料理 パブロ@神戸

c0174043_13475211.jpg

英語教室の皆さんとご近所のスペイン料理パブロさんでランチ。

お昼は簡単なサラダとパスタ、珈琲のランチ(何と850円 デザートは別)ですが、
夜は本格的なタパス、パエリア、その他季節の創作料理が
食べられます。
神戸ポタリング日記のozunuさんも、綺麗なお写真をアップされておりました。)
c0174043_1352147.jpg

本日はベビーリーフサラダとトマト味魚介のくるくるパスタ。
c0174043_13532193.jpg

デザートはブルーベリーチーズと、シナモンの効いたクレームカタラーナ(クレームブリュレみたいな物)。
c0174043_13544832.jpg

キャラメルアイスクリームは、濃厚なお味。

どれもケーキ屋さん顔負けの、力作。
週末限定のアロスコンレチェ(お米のプリン)は、予約しても食べたいデザートの一つです。

楽しいレッスンの延長で英語でランチも素敵!

ロニー先生は・・・
[PR]
by kiki-246 | 2010-06-16 14:03 | 食べ歩き

お気に入りのお蕎麦屋さん@神戸

c0174043_18163565.jpg

最近お気に入りのお蕎麦屋さんは、以前もご紹介した
そば切り山親爺さん・・・
お名前に反して、やさしそうなご主人と超可愛い奥様の和めるお店。
c0174043_18195568.jpg

お蕎麦を待っている間、美味しいトマトを肴に
おビールからスタート。
c0174043_1821319.jpg

突き出しは醤油豆。
大根おろしがちょこんとのっておりました。
c0174043_182263.jpg

店内の飾りつけにもセンスを感じます。
c0174043_18225311.jpg

昨日はお友達の結婚式があったそうで、テーブルにはラブリーなお花も
上手くアレンジされて置かれていました。
c0174043_1824173.jpg

お蕎麦は三種類で、細いのと一番太い歯ごたえしっかりのも頼みました。
焼き塩で頂くのも、おつな味わい。

蕎麦湯もこっくり深いお味。
今日も美味しく頂いて大満足の一日でありました。
[PR]
by kiki-246 | 2010-05-16 18:28 | 食べ歩き

リストランティーノ UZU&神戸あかちゃ家

c0174043_161570.jpg

奈良からのお友達をお連れしたのは、お気に入りのリストランテ渦さんです。

帆立貝の前菜は、柚子をジュレ仕立てにしたソースを
あしらい、きらきら揺らめく春らしい一品でした。
きりりと冷えた香りの良い白ワインで乾杯!
ソムリエ資格も持っていらっしゃるマダムのセレクトセンスには
いつも驚かされます。
c0174043_1622487.jpg

パスタは蛍烏賊と菜の花のトマト風味。
c0174043_1672563.jpg

メインは鯛と蛤 しらこのソテー スープ仕立て。
素材の旨味が生かされたやさしいお味。

デザートはティラミス・・・
彼女は、フォンダンショコラ。

いつも大満足のお料理なのです。
c0174043_1692635.jpg

神戸は30年ぶり・・・と言う彼女を連れて、六甲道から元町へ!
居留地、バーニーズとウインドウショッピングして、
下町、王子公園へ・・・カムバック!
c0174043_16112416.jpg

彼女の4年来の憧れ・・・あかちゃ家さんの餡蜜
舌鼓を打つ。
蕨もちとセットで650円の格安スイーツ。
お値打ちの隠れ家なのであります。
(今年7月7日七夕さまの日に、あかちゃ家さんはまる5周年を迎えます。)

夏には、かき氷を食べに来てね。
お土産、心遣いありがとう。
楽しい一日でした。
[PR]
by kiki-246 | 2010-04-25 16:17 | 食べ歩き

「そば切り山親爺 」@神戸

c0174043_14355865.jpg

昨日は夫の勤める大学でも入学式。
本年度も新生活がスタート致しました。

今日は午前中だけのお仕事だったので、
夫を待って気になっていたお蕎麦屋さんへ・・・

我家は灘と中央区の丁度中間辺りなので、中央区のお蕎麦屋さんだって
勿論、徒歩で出掛けます。
c0174043_14385420.jpg

最近の雑誌で中央区一押し・・・と紹介させていたお蕎麦屋さん!
「そば切り山親爺」強そうな名前~~(笑)
ご当人は、いたって優しそうな方でしたよ。
ひっそりと目立たない場所にあるのですが、我家としては嬉しい限り。

平日にゆったりと過ごせる素敵な空間を、見つけました。
c0174043_144107.jpg

鴨汁蕎麦もとびっきりの美味しさでしたが、地酒のセレクトも素晴らしい。
c0174043_14415989.jpg

最後は、夫は鯖の笹寿司、私は穴子の笹寿司で、箸止。
そうしないと、どんどん進んじゃう危険なお店でした。
酢飯もちょうど良い味加減。
いい仕事してますね~~。

おもいっきり「美味しかったです~~」と、叫んでお店を出ると、
桜が風に舞って、ひらひらと飛んでゆきました。
c0174043_14451444.jpg

まだ満開とまではいかないけれど・・・
c0174043_1446428.jpg

今が一番綺麗な時期かもしれませんね。
c0174043_14463842.jpg

神戸散歩はいつも新しく、いつも刺激的。
それでいて、静かに心地よく過ごせるのも、魅力の一つかもしれませんね。

灘区一押しはお蕎麦屋さんは・・・
[PR]
by kiki-246 | 2010-04-02 14:49 | 食べ歩き