カテゴリ:お節料理( 3 )

迎春・・・2010年 お節

c0174043_94113.jpg

艶々丹波の黒豆で幕開けの2010年。
松に見立てた出汁巻きは、教授のお気に入り。
c0174043_955819.jpg

教授は京都の出身ですが、義父が九州の出なので
お煮しめは、九州風に鶏を入れたがめ煮です。
c0174043_973097.jpg

我が家の定番お節ですが、今年は栗きんとんを外しました。

だって、娘が居ないと私だけしか食べないもん(泣)
c0174043_99742.jpg

柚子釜に、大根のおなます、
ぴりりと鷹の爪を効かせます。
牛蒡の八幡巻きは、ほろりとやわらかい。
c0174043_910284.jpg

大根のかつらむきで作る鮭巻き、
実家の母の十八番を真似して。
山葵醤油で頂きます。
c0174043_9114070.jpg

白味噌のお雑煮は、頭芋、大根、人参、丸餅で。
仕上げに花鰹を、ふわりとちらす。
c0174043_9134571.jpg

味噌松風、鱈のすり身の伊達巻は味醂だけの甘さで
お屠蘇が進みます。
(教授は、練り物が嫌いなので市販の蒲鉾などは、使えません・・・)
数の子、ごまめ、どれも家族の好きなお味

こんな感じで我が家は今年も楽しくぼちぼちやって参ります。
どうぞ、よろしく御願い申し上げます。

皆様にとって、素晴らしい一年となります様にお祈り致します。
[PR]
by kiki-246 | 2010-01-01 09:17 | お節料理

迎春 花びら餅

c0174043_116160.jpg

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今朝は毎年の恒例、白味噌のお雑煮で新年を祝いました。
中身は丸餅、頭芋、京人参、大根、柚子、大根葉です。

まったりとろおり、やさしく体に沁みるお味です。
c0174043_1185370.jpg

三種の盛りは、黒豆、かずのこ、ごまめ。
c0174043_1194652.jpg

小梅と、結び昆布の祝い茶も欠かしません。
c0174043_11104832.jpg

卵料理はだいたい大好きな良人ですが、甘い伊達巻は苦手なので、
毎年出汁巻きを松に見立てて形作ります。

巻きすで巻いて、菜ばしで形を整えます。
c0174043_11211130.jpg

初春のお菓子は、はなびらもちを作りました。
ごぼうの蜜煮、とろける求肥、華やかでいて、上品なお菓子は
作るのもとても繊細で難しい和菓子です。
c0174043_11125417.jpg

はんなり静かにいただきましょう。

宮中菓子としても有名な花びら餅は、白玉の求肥と、白味噌餡で作りました。
自然な味わいは手作りならでは・・・
ほんのりピンクはフリーズドライのラズベリーを粉末にして
使いました。
食紅に代わる材料を探していたので、とても良い案が思いついたと
思っております。
c0174043_11145661.jpg

今年のお屠蘇は、すっきり辛口に仕上がりました。

お料理との相性は言うまでもありません。
次代へ繋ぎたい、我が家のお節の数々です。

初参りは・・・
[PR]
by kiki-246 | 2009-01-01 11:17 | お節料理

お節準備完了!

c0174043_19142078.jpg

2008年大晦日、多分神戸の震災以来、一番元気で過ごせた年末だったと
思います。
家族に感謝!
お節の準備も完了。
ゆったりと新年を迎える事が出来そうです。
c0174043_191631.jpg

きんとんは、銀手亡の白餡と、金時芋の栗きんとんです。
荒い網で漉してみましたが、やわらかさを保ちつつ
成型するのは、なかなか難しいものです。
天には、栗の渋皮煮を飾って。
c0174043_1919133.jpg

旬の金柑をピールに仕立ててみました。

こちらはお菓子にも使えて、お正月には良い箸休めになります。
だあさまの焼酎にもぴったり合います。
c0174043_1920407.jpg

味噌松風は、生姜と白味噌を効かせたおつな一品。
青海苔で、松を彩ってみました。
芥子の実をたっぷりふって焼きました。
c0174043_19222197.jpg

温かいおしのぎがあると、ほっこりするもの・・・とは、「ミセス」のお正月特集の
お赤飯の謳い文句。
おおおお、素晴らしい企画!と、早速真似してみました。
これは、本当に上品で素敵・・・
毎年の我が家の定番にしたいと思います。

祝儀の膳にも、重宝されますね。
c0174043_1925112.jpg

自慢の黒豆は丹波産の大粒です。
艶々、ピカピカ輝いております。

柚子釜には、紅白なますを盛り付けました。
c0174043_19263654.jpg

ゆりねは、お花に見立てて、中心はお酒とほんの少しの甜菜糖で焚き、
周りは、さっと茹でて梅酢で色付けしました。

ごぼうの八幡巻きは、じんわり沁みるやわらかさ。
ことことことこと焚きました。
c0174043_19285915.jpg

花形人参は毎年娘の仕事ですが、今年は居ないので、
ちょっと手抜き・・・(笑)
型を使ってお手軽に・・・
c0174043_19301479.jpg

明日の白味噌お雑煮を仕込んで、今夜は終了。
(元旦は、包丁もお休み・・・なんて風習は京都だけかしら?)

皆様も良いお年をお迎え下さいね。
素晴らしい年明けとなります様にお祈り致します。
[PR]
by kiki-246 | 2008-12-31 19:31 | お節料理