<< チェンバース・ラザグレン・マスカット なりゆきサーカスの展示会 其の弐 >>

本格スパイシーインドカレー@kiki kitchen

c0174043_1223271.jpg

我が家のカレーは、市販のルーを使わないので、
玉葱の炒め時間と、沢山のスパイス使いが重要となります。

毎回レシピは違うけど、基本的にはにんにく、生姜を微塵切りにして、
香りが出るまで焦がさない様に、炒める。
今回のスパイスはフェネグリーク・クミン・カルダモン・シナモンステック、丁子(クローブ)
ローリエ。
これを加えてさらに炒めたら、薄切りの玉葱を透き通った飴色になるまでじっくりと
気長に炒める。
完熟トマトか、イタリアのトマト缶と、コリアンダー、パプリカ、ターメリック、チリパウダーを
入れて軽く煮込む。
トマトが煮えたら、ソテーした鶏肉とセロリ、少量の水を加えて、1時間くらいル・クルーゼで
煮込む。(鶏肉はほろほろにとろける。)
仕上げに、ガラムマサラ、ブラックペッパー、メースを加える。
岩塩でお味を調えて出来上がり。

程よい辛さに仕上げるが、食べ終わる頃には、額から心地よい汗が
滲み出る。

キーマカレーの時は、全ての材料をフープロで、微塵切りにする。
玉葱、セロリ以外に、人参、ピーマン、パプリカも微塵切りにすると
さらに、複雑な味わいになる。

カレー道は奥深く、いつも進化している。
[PR]
by kiki-246 | 2010-09-28 12:17 | cooking
<< チェンバース・ラザグレン・マスカット なりゆきサーカスの展示会 其の弐 >>