<< 六甲プチブレ@神戸 白桃と木苺のシャルロット >>

雨のイタリアンティーノ UZU

c0174043_7505733.jpg

我家のFavouriteイタリアン渦さんの5周年のお知らせを頂いて、
昨年夏に見つけた長野の小布施ワイナリーからワインを取り寄せ
それを抱えて、お祝いに駆けつけました。
今回はお料理に合わせて、全てグラスワインもセレクトされたとおっしゃるので
いつもはボトルで頼む私達ですが、取って置きのセレクトをオーダー。
c0174043_7535518.jpg

先ず一品目は、白アスパラとコンソメのスープ。
ワインはサンタ・マッダレーナ・ピノ・ビアンコ2009
まったりとしたポタージュと、フレッシュな草の香りを感じるワインでコースはスタート。
c0174043_756434.jpg

二品目は、子羊とキノコのパートブリック包み。
ワインは、ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ2007。
ヨーロッパの土の香りと、ベリー、スモークチーズの様な深みを感じるワイン。
お肉とソースの絶妙なバランスに、声を失う。
c0174043_8362158.jpg

パスタは、イカとその墨のラビオリ、大葉風味。
中のイカは驚くほど柔らかで、上品な墨の味付けと
ラビオリの食感は、流石手打ちパスタと、叫びなくなる仕上がり。
c0174043_835689.jpg

ワインはヴェルナッチャ・ディ・セッラペトロ-ナ・セッコ
きんと冷やした赤の発泡酒に、新鮮な感激!
c0174043_885140.jpg

徳島産あわびのステーキ、サルサ・アル・ブッロ
いままでにこんな柔らかな鮑を食した事があっただろうか?と、
思わず顔を見合わせる・・・笑
柚子風味はシェフのお得意!芸術的逸品。
ワインはサンタ・マッダレーナ・シャルドネ・2009
幸せのフルーティーな味わい。
お口直しは、グレープフルーツとシャンパンのグラニータ。
爽やかな一口。
c0174043_820557.jpg

メインは、松風地鶏の炭火焼。
カリカリの皮目に、ふっくらと身のしまったジューシーなお肉と、
甘い甘い玉葱。
ワインは二種セレクト出来て、夫はオルカイオ2005の赤。
タンニンと酸味のバランスに優れ、時間と共に
深みを増す、・・・
私は、シチリアのドンナフガータ・キアランダ2006の白。
琥珀色の複雑な舌触りの白に、うっとり・・・
デザートは、マンゴのミルフィーユ風。
濃厚なマンゴとぱりっとナッティーなパイを満喫。
デザートワインはアスティ・スプマンテ。
甘口発泡酒が、マンゴーとコラボすると辛口のしまった味わいへと変化する。
c0174043_8275497.jpg

食後は珈琲、紅茶、エスプレッソか、ハーブティーと
サラミチョコラート。

夢の様なディナーは、天才シェフの笑顔と、それを支えるソムリエの奥様によって
創作される。
美味しいご馳走をありがとうございました。
これからも素敵なお料理を楽しみに伺います。
改めて、5周年おめでとうございます。
[PR]
by kiki-246 | 2010-06-19 08:33 | 食べ歩き
<< 六甲プチブレ@神戸 白桃と木苺のシャルロット >>