<< 天にも昇る幸せ・・・ティラミス♪ Tea time のA B C >>

三層のスペシャルチーズケーキ・・・復活

c0174043_1218426.jpg

数年前、人気だったスペシャルチーズケーキが、ファンの方の熱いご要望で
復活致しました。
ご注文は、こちらから。kiki-246@excite.co.jp
c0174043_12195431.jpg

先ずさくさくのタルト生地を空焼きし、ベークドタイプの生地を
流し込み、再度焼き上げます。

冷ましてから、レアーチーズの生地を重ねて固め、
最後に生クリームとサワークリームに蜂蜜でほのかに甘みをつけたクリームを
デコレートします。
c0174043_12221563.jpg

こうして出来上がったケーキは、タルト生地、焼きチーズ、レアーチーズ、
生クリームとサワークリームと言う、複雑濃厚なチーズの三重奏を
楽しめるのであります。

トッピングは、フリーズドライフランボアーズ、杏、ピスタチオ、
無花果です。

家族は勿論のこと、一度このケーキを食べていただいたお客さまには、
忘れられない思い出のお菓子として、いつまでも心に残るとおっしゃって
いただけます。

発送技術をアップさせて、かなり綺麗な状態で地方にお届け出来る様になりました。
しかし、生ものですから多少の崩れ、割れはご了承の上、ご注文頂きます様に
よろしく御願い致します。
製作過程は、こちら・・・
c0174043_13245668.jpg

普段は紅茶党の私ですが、このクリーミーなチーズケーキには
がつんとパンチの効いた珈琲がよく合います。
c0174043_1326277.jpg

以前カフェをしていた時も初めはお紅茶の専門店にしたかったのですが、
カフェの運営についてアドバイスいただいた男性から、
女性についてきた男性には、やはり珈琲があった方が喜ばれると
助言頂き、その時(13年前)はじめて珈琲の本格的な淹れ方を教えて頂きました。
当時、萩原の珈琲を使っていたのですが、
今でも萩原のサントス二ブラがお気に入り。
深煎りの渋めのお味です。
c0174043_13305833.jpg

珈琲スプーン2杯分の豆を贅沢に使います。
今も珈琲を飲む時は、直前にカリタで挽いて淹れています。
(美味しい珈琲は、一杯点てが、基本。)

蒸らし時間30秒・・・
後は、中心に円を描く様に、リズミカルにお湯を注ぎます。

雑味を残さない様に、出来るだけスピーディーにお湯を注ぎ、
カップ7分目で止めて、直ぐにフィルターを外します。
c0174043_13354381.jpg

淹れている途中で、ふわっと豆が盛り上がるのは、新鮮な証拠・・・
c0174043_13371461.jpg

丁寧に淹れた珈琲は、心に沁みるお味です。

このチーズケーキは、珈琲と同じくらい、赤ワインとも相性が良いのです。
貴女の記念日に、幻のチーズケーキはいかがですか?
こちらからもお選びいただけます



c0174043_13545334.jpg

色々お好みで楽しめます。
[PR]
by kiki-246 | 2009-02-03 12:28 | タルト@kiki
<< 天にも昇る幸せ・・・ティラミス♪ Tea time のA B C >>